Home > Archives > 2010-09-24

2010-09-24

雑穀刈取機 出動!!

本日は岡山県玉野市が推奨する雑穀栽培の収穫の現場に立ち会いました。
今日刈取したのは“きび”を収穫を行っていました。
登場したマシンは、
和同産業のZRJ35Mです!!
見た目は一般的なバインダーの車高アップ+車幅拡大バージョンという感じです(笑)
“きび”など雑穀は畦で栽培されているので、通常のバインダで刈取をすると
タイヤが畦に乗り上げてバランスが崩れたり、刈取のバリカンに土が詰まったりします。
p1010765.JPG p1010771.JPG p1010770.JPG p1010780.JPG p1010777.JPG
ZRJ35Mはスムーズに刈取が行われていました。
刈り取られたキビはひと束づつ結束されていきます。
本日の圃場はあまり広くはありませんでしたがあっという間に作業は終了しました。

今日が試運転だったので、これからどんどん活躍することでしょう!!!

ごま作り 最終段階!!

ごま作りの工程もいよいよ最終段階に突入してきました。
現在 行っているのは収穫後の選別作業をしています。
dsc00337.JPG dsc00338.JPG
まずは乾いた状態のごまの鞘からゴマたちをたたき落とし集めます。
そして大きなクズを取り除く荒選別を行います。
dsc00339.JPG dsc00340.JPG
大きなクズが取り除けたゴマは、砂や小石を取り除くために水洗いを行います。
はじめは水に浮いているゴミや浮いているゴマを取り除きます。
浮いているゴマは中身が空っぽなので残念ですけど排除されてしまいます。
何回か水を替えて浮遊物がなくなったら、バケツの中でぐるぐる水をかき混ぜます。
バケツの中で渦を作ると渦の中をゴマが回っています、そのゴマが良品となります!!
最後にバケツの底には砂や異物が残っていました。
dsc00342.JPG dsc00345.JPG dsc00344.JPG dsc00341.JPG
次の段階は水から上げた出来たゴマを乾かします。
ここからが大変です、乾かしたゴマを薄く広げてピンセットで小さなゴミやクズを1つずつ丁寧に取り除きます。
夕方、当社事務員も緊急参戦で選別作業を行ってもらいました。
最後の段階なので丁寧にゴマと異物をより分けていきます。
この工程を繰り返すことによって厳選された金ゴマ達になっていきます。

次回には厳選された金ゴマの姿がお見せできると思います。

Home > Archives > 2010-09-24

Search
Feeds
最近のコメント
Meta

Return to page top